悪用されるクレジットカード

アメリカに引っ越してからアメリカの銀行でクレジットカードを作りました。
日本ではクレジットカードで買い物イコールあまりいい事ではないという感覚ですがアメリカでは逆です。
車や家を買うときはローン会社にクレジットヒストリーという物を調べられてそのクレジットヒストリーの点数次第でローンが組めるか組めないかが決まります。
収入は関係なくすべてがクレジットヒストリー次第です。
クレジットヒストリーというのはどれだけクレジットカードで買い物してちゃんと期限以内に指定された返済額を返済されてるかで点数が上がるシステムです。

買い物は毎回現金、クレジットカード使用履歴がない高収入者よりもクレジットカードで大きな買い物をして最低限の利子を返済してる定収入者のほうがアメリカでは優遇されるという変なシステム。
ちゃんと最低限の返済ができる人物=信用できる人物とみなされ今ではアメリカの就職にもクレジットヒストリーが調べられるほどです。
私もアメリカに来てからアメリカでの信用を得るために100円の少額ショッピングでもクレジットカードを使うようになりました。
これが癖になってしまい日本に一時帰国した時にジュース一本コンビニで買い物するにもクレジットカード使用して店員さんに嫌な顔されるのが目に浮かびます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする